優っくり小規模多機能介護池尻
トップページ > 優っくり村池尻 > 優っくり小規模多機能介護池尻 > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/07/05 03:20

池尻小規模常勤ミーティング♪

毎月恒例の正社員ミーティング。

先月の振り返りと来月に向けての問題点と改善案を各職員が準備(月次報告書という専用のシートがあるのですが)をしてからでないと着席してはいけないという暗黙のルールがあるのです。..ちょい怖っ(*_*)

 

毎月の業務改善が当たり前となっているので、みなミーティングまでに「ここが気になるな。。よし、問題点としてミーティングであげてそれまでに改善案を提案しよう」と、日々あら捜しに奮闘.......ではないですっ(*_*)

 

ご利用者に喜ばれるサービスが提供できるように、今よりも一歩でもましなものを目指し、毎月毎月必死に考えているのです(^_^)/

 

一つ重要なのが、「問題点を見つけたのならその職員は改善案も一つ提案をするように」

 

 

よく国会で野党が与党に問題点ばかりを突き付けますが、与党は対案を示せと野党に言っていますよね。

 

「確かにそうだな~」と、優っくり村池尻は国会からインスパイアされたミーティングを行っております(笑)

 

 

特に訴えているのは「現状に満足しないで毎日目を光らせるように」

 

 

介護職は気づきが大切です。

 

ご利用者の状態の変化に気付くのはもちろんの事、間接的に関わっている私たちの事務的な業務においても「これでいいのかな、もっと効率的になるんじゃないかな」など、常に新しい発想を生むことが大事!気づく力を!と正社員は心がけているところであります。

 

 

最近は効果が出てきているのか、いわゆる欠点ではなく良い点もミーティングで上がることが増えてきました。

 

悪いところを見つけ改善することも大切ですが、良い点をみつける「気づき」もとても大事ですよね。

 

何だか固いことばかり書いてしまいましたが、気付くことの大切さとその気づきからの業務改善を小規模池尻では大切にしているとお話ししたかったのです。

 

安心してください、ミーティング中は至って和やかな雰囲気です。

イメージ図

 

 

私が提案した

「長い一人暮らしのせいで不摂生が続き仕事にも影響が出そうなので、料理を作ってくれる彼女をだれか紹介してくれませんか」

という改善案は即却下されましたが。。涙

 

和田

ページの一番上に戻る