優っくりグループホーム池尻
トップページ > 優っくり村池尻 > 優っくりグループホーム池尻 > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/09/15 18:11

骨折してもあきらめない~住み慣れた家で暮らし続けるために~

どうもイイジマです。

 

昨日は多職種で学ぶ医療・福祉連携研修

骨折してもあきらめない~住み慣れた家で暮らし続けるために~

を受講してまいりました!

講師は、我が奉優会ととても関わり深い、香取勧先生

お会いするのは昨日が初めてでしたが、整形外科院長の視点から、高齢者の骨折について大変わかりやすく丁寧にお話しして下さいました。

 

職業柄、高齢者の方の骨折を何度か見たことがある私でしたが、この研修の中では初めて知ることもあり、大変勉強になりました!

 

特に、骨粗鬆症の方が退院後など、薬の服薬が続かない方が多いという話しを聞き、日頃のケアの様子を思い出しました。

私達グループホームでは毎日決まった時間にかかりつけのお医者さまから処方してもらった薬を飲めていますが、独居のご高齢の方だとそうもいきません。

薬を服薬するのは、億劫ですし、忘れてしまいがち…。

その上、若い方と違い、骨折した後の痛みは長く続き、治るまでには長い長い期間を要しますので、気分も落ち込む一方です。

 

だからこそ、多職種連携で多くの人がその患者さまに関わり、「あきらめなくて大丈夫」と声をかけることが重要なのだと感じました。

 

「あきらめなくて大丈夫」

そう言ってその人の傍に寄り添えるような介護職になりたいと、そう思える研修でした。

 

他にも他事業所とのグループワークなど、大変有意義な2時間でした!

香取先生ありがとうございました。

 

 

イイジマ

 

 

 

ページの一番上に戻る